塩田温泉 湯元 上山旅館|播磨姫路の奥座敷|温泉|宿泊|源泉|露天風呂|但馬牛|ぼたん鍋|兵庫県姫路市

 

塩田温泉とは

   
明治初期の源泉と薬師堂
塩田温泉の歴史はとても古く、発見されたのは奈良時代と推定されています。湯治場としての歴史も、少なくとも300年近くは遡ることができます。江戸時代の元文の頃(1736~41年)には湯治に利用されたという記録が残っているのです。
江戸時代には源泉を中心に湯治宿を兼ねた民家が4~10軒あり、泉質や効能は口伝えで広がって、遠方からの湯治客も多かったようです。文献には『丹波、但州、摂津、備前、四国地方より多数の湯治客ありて諸病の全治せしこと(中略)ァー自然の力、偉なる哉』とあります。
   
大正時代の母屋
塩田温泉の開発は、明治初期。1人の為政者の想いから始まりました。時の飾西郡長、野口弐実氏が、播磨唯一の鉱泉である塩田温泉の施設が整っていないことを憂い、「多くの方が利用できる温泉地として整備したい」と、熱心に呼びかけたのです。
それに応えて明治7年に創業したのが当館、上山旅館です。
また、明治12年には、オランダ人技術者ベウドワルス氏により良質の温泉であることが認められ、技師により温泉医学および温泉地づくりの指導がなされました。
   
昭和初期の全景
明治18年には、村民のための村営の共同浴場もできました。
しかし、その後、村営では成り立たなくなったため、大正2年にはその経営を上山旅館が引き継ぎました。
昭和に入ってからは交通事情が良くなり利用客が増え、戦中には近隣に他の旅館もできました、戦後、近隣にはボーリングで新たな源泉も生み出され、塩田温泉は「塩田温泉郷」となりました。
そして、温泉ブームに乗って賑わったのですが。その後、バブルの崩壊や阪神・淡路大震災、施設の老朽化、後継者問題等々で、結局、盛時には5軒あった旅館が、現在は2軒になっています。
   
昭和20年代の東館
 温泉ブームの頃には「新たにボーリングをして温度を高く、湯量を多くしないか」と勧められました。この源泉場を深く掘れば、熱い温泉も湧くと思われます。湯量も多くなるでしよう。
しかし、ここを掘れば、泉質が大きく変わる可能性があります。泉質が変われば、それは塩田温泉ではなくなります。
塩田温泉は、自然湧出という稀な温泉と泉質の良さで続いているのです。この温泉が湧き続ける限り、湯元を引き継ぐ者としては、これを守り続けていくことが務めであると考えています。
<<塩田温泉 湯元 上山旅館>> 〒671-2112 兵庫県姫路市夢前町塩田287番地 TEL:079-336-0020 FAX:079-336-1887